FC2ブログ

花瑠璃

気の向くままに、書き綴ったり、描き綴ったりするブログ

占いが好き

私は占いが好きだったりします。
当たるも八卦、当たらぬも八卦。
全部を信じたりはしないけど、
人生に悩んだときの指針にはなるかなぁと思います。

失恋したときに、
星座占いを見てこの人は相性悪かったから良かったんだ
って思うようにしたり。

というか、そういうときにしか使わないです。。。
自分の努力ではどうしようもない、
自分じゃない誰かの心によって変化してしまうこと、
そういう悩みのときに占いに縋ってみたりするのです。

スポンサーサイト



大人って。。。

私は社会人として若輩者です。
それでも、色々な人と出会ってきました。

まっすぐで綺麗な大人を見ていると嬉しい気持ちになります。
私もそうでありたいと思います。
一緒に仕事をした人が「また一緒に仕事をしたい。」
っと思ってくれる、そういう人になりたいです。

自分だけの利益のために動き、
自分だけが幸せを受理して、
汚い部分は人のせいにする。
そんな汚い大人にだけは死んでもなりたくない。
と青臭いことを考える今日この頃です。

健全ではない精神でデザインをしたくないのです。
きっと、汚いデザインになってしまう気がするから。。。

保健室コンビ

111113
▲ 画像をクリックで拡大

哲学ガールズイラスト大賞に応募作品第4弾です。
一休宗純ちゃん(生徒会 会計)と茂木ちゃん先生(保健室の先生)。
休日を返上して描いてしまうくらい絵を描くのは楽しいです。
絶対、今日はパソコン見ないと思っていたのに。。。

一休さんはアニメで小さい頃から見ていて、大好きなキャラクターです。
今思うと、頓知は禅に近いものがあるような気がします。
相手の裏を機転で切り抜けるのは禅問答的です。
哲学ガールのキャラとしては「一休み、一休み〜」と
いって保健室で寝ている感じです。

茂木さんは言わずと知れた「脳科学」を世間に広めた人。
ご本人も良いキャラをしているので、
ちょっとユルい感じで、ガッツリ脳をプッシュするイメージです。

考える

お客様の利益を考える。
その上で自分にも利益が来るように
しなければならないのですが、
このバランスが難しいです。

お客様のために一生懸命していることが、
「なんでもやってくれるんだ」とうい誤解を
招くことがあります。

例えば、
「古い文化を大切にして守る」とうコンセプトがあって、
その促進のためのデザインをすることなら私には出来ますが、
「古い文化を大切にして守る」こと自体を私が行えるはずがありません。
それは、立ち上げた人がすることであって、
私に丸投げにされても私には何も出来ないのです。

デザイナーとしてその考えを理解をすることができでも、
私自身が興味を持っていて守りたいと思っていると誤解されると
非常に困ってしまいます。

ボランティアでやってしまうことは
プロとして失格だなぁと思います。
サービスでやれることとやれないこと。
もっと考えないと。