FC2ブログ

花瑠璃

気の向くままに、書き綴ったり、描き綴ったりするブログ

桜宮

枝垂れ桜
▲ 画像をクリックで拡大

もう何ヶ月もブログを更新していないことにビックリ。
いつの間にか我が家の枝垂れ桜も満開です。

ただいま、ドラマのチームバチスタの栄光から始まる
田口・白鳥シリーズにはまり、
小説の桜宮サーガも読み始めてしまっている状況です。

ドラマと小説では構成や内容がかなり違ったり、
登場人物の立ち位置が大分変わっている部分があって、
田口先生の雰囲気と白鳥さんの雰囲気も大分違いますが、
どちらも作品として完成していて面白いです。

『ジェネラル・ルージュの凱旋』は小説の終わり方が素敵で、
『螺鈿迷宮』はドラマの方がメッセージ性がシンプルで泣きました。
今のところ、バチスタ手術や救急医療より
終末期医療と安楽死の方が身近な感じがします。

小説の方はまだまだ続きがあるので、
休日の楽しみが増えて嬉しいです。

スポンサーサイト



アンパンマン

悲しいです。。。
やなせたかし先生が。。。
でも、最後までアンパンマンと共にあれたことは幸せだったと思います。

アンパンマンは私の幼稚園の頃の一番大好きなアニメでした。
おいしそうだなぁって思ってました。食べたいなぁ〜って(笑)

今、考えるともの凄いヒーローです。
人のためなら自分の身を削る。
献身的で自己犠牲も厭わない姿勢。
世界中の人がこんな生き方をしたら、
きっと世界は平和だと思います。

子供の頃に何も考えずに歌っていましたが、
大人になって改めて聴くとアンパンマンマーチは深いです。
「生きること」はどういうことなのかを問い続けている気がします。
後世に残していくべきアニメだと思います。

ご冥福をお祈りします。

十角館の殺人

110430
▲ 画像をクリックで拡大

言わずと知れたミステリーの名作。綾辻行人先生の作品です。
最近活字離れが著しかったので、久々に小説が読みたくて買いました。
綾辻先生の作品は初めて読みましたが、この作品は「おぉ〜!!」
と言ってしまうくらい、終盤にびっくりさせられます。
購入したときに付いていた帯のあおり文
「”たった1行”が世界を変える」に一片の偽りなしって感じです。

綾辻先生の奥様、小野不由美先生の作品も大好きなのですが、
夫婦そろって素晴らしい小説家っていうのはとても素敵だなぁと思います。
小野先生の『十二国記』の新刊が全く出されなくて悲しいです。。。
『屍鬼』も好きですが、『十二国記』の世界感の方が個人的に好みです。

ONE PIECE 60

101107
▲ 画像をクリックで拡大

「ONE PIECE」の60巻を読みました。
赤髪と不死鳥のシーンを読んだ瞬間
エースがもう帰ってこないこないことを実感しました。
ルフィーが立ち直って行こうとしている姿が良いですね。
少年誌の真骨頂といったところでしょうか。

ただ、立ち直りが早すぎる気がしました。
コミックスで読んだからでしょうか。
本誌を読めば良いペースだったのかなぁ。。。
まぁ、話があんまり滞るのは嫌なので、これくらいで良いか!!
早速、続きが気になります。
ルフィーの入れ墨がポイントなんでしょうね☆

男女逆転大奥

101101
▲ 画像をクリックで拡大

30日は友人とご飯を食べに行きました☆

31日は見に行ってきましたよ!!男女逆転大奥!!
時雨様と行ってきたのですが、これがなかなか面白かったです。
キャラも良いし、華やかさは普通の大奥と良い勝負だったと思います。
ただ、原作を読んでいる者としては「主役=二宮君」ではない気がしました。
柴崎コウの八代将軍はピッタリ!!!
豪華な出演者で放映中はニヤニヤが止まりませんでした。
阿部サラダがいい味してるし、玉木宏と佐々木蔵之介は格好いいし、
ジャニーズの大倉君はすごい台詞を言っています。

後、OPの音楽が良かったです。
大奥の胸を締め付けられるような切ない感じで、
でも、暗くはなく威厳がある音楽です。
「大奥」という感じのするメロディーです。